検索

観光スポット観光スポット


Sightseeing spot

ジャンル

CLOSE

エリア

CLOSE

の検索結果

45件中

25-45件を表示中

  • 坂井海岸

    愛知県知多半島の常滑市にある坂井海岸では、観光や夏季の海水浴場として人気。
    干潮時には約500mにわたり干潟ができ、小さなお子様でも安心して楽しめます。
    愛知県知多半島にお越しの際は、ぜひ常滑市にある坂井海岸に観光としてもお立ち寄りください。

  • 多屋海岸

    愛知県知多半島の常滑市にある多屋海岸は、ハマヒルガオなどの海浜植物が咲き、ウミガメが産卵におとずれる貴重な自然海岸です。
    ボードセーリング等のマリンスポーツが楽しめ、航空機の離発着と鈴鹿山脈へ沈む夕日を見ることのできる若者に人気の海岸です。
    愛知県知多半島にお越しの際は、ぜひ常滑市にある多屋海岸に観光としてもお立ち寄りください。

  • 小脇公園

    愛知県知多半島の常滑市にある小脇公園は、バーベキューで人気の農業公園。
    体験農園(さつまいも掘り、イチジク狩り)が楽しめ、芝生広場もあります。
    日曜日には新鮮な野菜等を販売する朝市(午前8時から)も開催されます。
    鈴渓の郷巡りの出発地点になっています。
    愛知県知多半島にお越しの際は、ぜひ常滑市にある小脇公園にお立ち寄りください。

  • いちご狩り「フルーツループ(オレゴンファーム)」

    愛知県第一号国家戦略特区の農家レストランに隣接したいちご狩り園で、徹底した栽培環境管理のもと酸味控えめで甘い品種のあきひめを栽培しています。
    トッピングが11種類あり、いろんな味でいちごを楽しむことができます。

  • いちご狩り「苺のおうち」

    いちごの種類は章姫と紅ほっぺを少し取り扱っています。
    多くの苺狩りでは持込み不可が多いですが、「苺のおうち」ではホイップクリーム、チョコレートソースなどの持込みが自由です。

  • いちご狩り「タニカワ農園」

    いちごの種類は章姫を取り扱っています。
    練乳は無料でおかわりも可能。
    ひとつ100円でチョコレートディップも販売しています。

  • オラレセントレア

    オラレセントレアは中部国際空港セントレアのアクセスプラザ1階に設置された、常滑市の観光案内所とボートレースの場外舟券売場の機能を併せ持った施設です。

  • ボートレースとこなめ

    愛知県知多半島の常滑市にあるボートレースとこなめでは、轟音とスピード、迫力あるボートレースが目の前で展開されます。
    館内には、ご当地B級グルメと呼びたい「どて丼」「しょうゆラーメン」などがお値打ちで食べられます。
    マスコットの「トコタン」をデザインしたストラップなども面白いお土産です。
    愛知県知多半島にお越しの際は、ぜひ常滑市にあるボートレースとこなめにお立ち寄りください。

  • 土管坂休憩所

    土管坂を登りきった頂上左側にあり、常滑が一望できる眺望も自慢。眼下に広がる常滑の街並みや、遠くに見える伊勢湾とセントレアを眺めながら、ゆったりとした時間をお過ごしいただけます。

  • 金鈴山 厄除大師曹源寺

    金鈴山(きんれいざん)曹源寺(そうげんじ)は、1500年頃の創建という記録が残されています。本尊は阿弥陀(あみだ)如来(にょらい)。
    明治初期までは隣接する八幡社(はちまんしゃ)を所管していたため、地域の方々から「宮寺(みやでら)」とも呼ばれ、親しまれていました(八幡社の棟札に「康正三(1457)年三月一二日願主 曹源寺持比血澄慶」と記されていることなどから、これ以前に開創されていた可能性もあります)。

  • 金光山 来応寺

    天正10年(1582)に創建され、来応寺の境内には「分身58番弘法大師」が祀られています。
    かつて名古屋で建材店を営む寺尾勝治郎のもとに泥まみれの仏像が持ち込まれ、泥を洗って落としてみると知多四国58番所である同寺の弘法大師と酷似。
    この大師を祀ると商売繁盛・万事順調になったことから、大勢の人がご利益にあずかれるよう寄進したものと伝えられています。

  • 万年山 玉泉寺

  • 大光山 安楽寺

    安楽寺は天正14年(1586年)に長安久公和尚によって開基した。本尊には阿弥陀如来像を安置し、行基菩薩の作と伝えられている。
    開山前、天文6年(1537年)に織田・今川が交戦した際に、兵火を逃れるため阿野の高讃寺より移され安置されたと伝えられる。弘化2年(1845年)当山11世の徳芳和尚のときに本堂を再興。昭和10年、弘法大師堂が再建される。

  • 御嶽山 高讃寺

  • 御嶽山 洞雲寺

    あなたは、「心の休日」つくっていますか?この言葉から始まる西山浄土宗御嶽山洞雲寺は双頭蓮でも一躍話題になりました。御嶽山洞雲寺は弘治元年(1555)に善海法師により開山されました。
    白鳳年間、愛知県常滑市樽水の奥には聖武天皇の勅願を受けた行基菩薩が天竺の香木をもって聖観世音菩薩像を刻み、御嶽山に安置し、七堂伽藍、三百の坊を有した知多半島第一の巨刹「御嶽三百坊」を建立されました。

  • 補陀落山 大善院

    白鳳年間(684)、天武天皇の勅願寺として西阿野村御嶽山一帯に、七堂伽藍三百坊の僧院が創建されたが戦渦等で次第に荒廃の途を辿り、これを嘆いた時の僧・養春上人が、南坊本尊十一面観音を観音浄土に相応しい現在の地に移したのが始まりです。

  • 世昌山 宝全寺

  • 神護山 相持院

    当院は、草創は不詳だが、南北朝の頃と思われる。
    伊勢神宮の神宮寺である世義寺(せぎじ)の所領が、当地・世儀であった事から伊勢神宮の内宮・外宮の祭神を祭る神宮社(常滑市栄町)に付属して明治初年まで存続した。

  • 八景山 中之坊寺

  • 松尾山 三光院

    松尾山さん行員は正和三年(1314年)に小倉山蓮台寺の塔頭寺院十七坊の一つで鬼門除けとして創建されました。
    蓮台寺は花園天皇の勅願により、この地を治めていた一色氏の庇護を受けて建立されましたが戦国時代の戦火により現在は三光院を残すのみとなりました。

  • 龍王山 宝蔵寺