• とこなめ陶の森
  • 催し物案内

    企画展「知多半島瓦歴譜」

  • HOME
  • とこなめ陶の森 催し物案内
  • 企画展「知多半島瓦歴譜」
  • お問い合わせ 〒479-0821愛知県常滑市瀬木町4丁目203番地 TEL:0569-34-5290

  • 企画展「知多半島瓦歴譜」

    企画展「知多半島瓦歴譜」

    場所/資料館 特別展示室

    瓦はやきもので作られた屋根材で、その定義は「粘土を一定の形に固めて焼いたもの。主に屋根をふくのに用い、また床敷とする」となっています。
    知多半島では白鳳(はくほう)時代に建造された古代寺院の屋根材として用いられたのが始まりです。中世になると、甕(かめ)や壺(つぼ)とともに生産され、熱田神宮の周辺や京都の寺院へと運ばれており、生産が活発であったことが分かっています。

    ■連動企画 「知多半島古瓦講座」
    講師:梶原義実(かじわらよしみつ)さん(名古屋大学大学院人文学研究科准教授)
    日時:第1回「古代の瓦」2月23日(土)
    第2回「中世の瓦」3月3日(日)
    第3回「近世の瓦」3月9日(土)
    3回共に10:00~11:30
    会場:資料館2階講座室
    参加費:無料(予約不要)
    ※詳しくはとこなめ陶の森ホームページ 「企画展」についてをご覧ください。

    企画展「知多半島瓦歴譜」

    一般社団法人とこなめ観光協会
  • 〒479-0838 愛知県常滑市鯉江本町5-168-2
     TEL 0569-34-8888 FAX 0569-34-8880 
  • ページ上へ