とこなめ 陶の森 催し物案内
お問い合せ
〒479-0821愛知県常滑市瀬木町4丁目203番地 TEL:0569-34-5290
「平安の美 常滑の三筋壷」展

4月22日(土)〜7月16日(日)

場所/資料館 特別展示室

三筋壺(さんきんこ)は平安時代末期から始まる中世常滑窯で最も美しいといわれる壺の一つです。
知多半島では常滑市を中心に12世紀中ごろから盛んに生産され全国へ運ばれていきますが、鎌倉幕府が成立した頃の12世紀末期には衰退します。
三筋壺の名付け親は、陶芸研究所の所長と顧問を歴任した故沢田由治(さわだよしはる)氏で、壺の肩から胴にかけて三本の刻線をもつのが特徴です。
肩にかかる自然釉の雄大さ、端正な姿は中世の美意識を今に伝えています。
※詳しくはとこなめ陶の森ホームページ「企画展」についてをご覧ください。
※企画展担当者によるギャラリートーク 5月13日(土)14:00〜15:00
  • 愛知-焼き物
  • 〒479-0838 愛知県常滑市鯉江本町5-168-2
    TEL:0569-34-8888 FAX:0569-34-8880
  • ページ上へ