検索

一覧に戻る

Recommended route

日帰り

ノスタルジックな町並みさんぽ&陶芸体験

レンガ造りの煙突や黒壁の工場、陶器の廃材が埋め込まれた坂道など、どこか懐かしい町並みをのんびりお散歩。
陶芸体験をしたり、土管工場を改築したお店やカフェでお食事したり…
約4時間のコースです。

START

常滑駅

約4分

1

とこなめ招き猫通り

愛知県知多半島の常滑市にあるとこなめ招き猫通り。
名鉄「常滑駅」から東の陶磁器会館に向かう道路沿いのコンクリート壁に「巨大招き猫」、「御利益陶製招き猫」39体、「本物そっくりの猫」11体があり「招き猫通り」の名で親しまれています。
巨大招き猫とこにゃんは常滑系招き猫の典型的な顔で、幅6.3m、高さ3.8m。壁の上にひょっこりと顔をのぞかせています。

住所
愛知県常滑市
詳しく見る

約3分

2

常滑市陶磁器会館

常滑市陶磁器会館

やきもの散歩道の出発点。
常滑焼の展示即売も行っています。

住所
愛知県常滑市栄町3-8
営業時間
9:00~17:00
定休日
年中無休(年末年始を除く)
詳しく見る

3

やきもの散歩道

やきもの散歩道

愛知県知多半島の常滑市にあるやきもの散歩道は、中心市街地の小高い丘にある特に人気の観光スポット。
常滑駅から徒歩で5〜10分にある陶磁器会館が出発点です。
ここで入手したパンフレットを片手に、迷路のような路地の散策をお楽しみください。

住所
愛知県常滑市栄町3-8
※ アクセスマップは「陶磁器会館」を示しています
詳しく見る

4

廻船問屋 瀧田家

愛知県知多半島の常滑市にある廻船問屋瀧田家は、江戸時代から明治時代にかけて廻船業を営んでいた瀧田家の住宅です。
1850年頃に建築された建物を復元・整備して公開(平成12年4月)しています。
貴重な無尽灯(菜種油を用いた灯火具)や和船の模型、海運の歴史などを展示しています。ぜひご覧ください。

住所
愛知県常滑市栄町4-75
営業時間
9:30~16:30
※国際芸術祭「あいち2022」開催に伴い、7月29日(金)~10月10日(月)は10:00~17:00の営業となります。
定休日
毎週水曜 年末年始
詳しく見る

5

やきもの散歩道でランチ

やきもの散歩道には土管工場を改築したお店がたくさん。

>> 「やきもの散歩道 カフェ巡り」特集はこちら

6

登窯(陶榮窯)

登窯

愛知県知多半島の常滑市にあるやきもの散歩道には登窯があり、1887年(明治20年)頃に築かれた窯で、1974年(昭和49年)まで使用され、日本で現存する登窯としては最大級です。
傾斜角約17度、8つの焼成窯、高さの異なる10本の煙突が特徴です。
1982年(昭和57年)に国の重要有形民俗文化財に指定され、2007年(平成19年)には近代化産業遺産にも認定された。

詳しく見る

7

陶芸体験・絵付け体験

旅の思い出に世界でたった1つの陶器を作ってみませんか。

GOAL

コースマップを見る

    【1日目】
  1. [START] 常滑駅
  2. 1.とこなめ招き猫通り
  3. 2.常滑市陶磁器会館
  4. 3.やきもの散歩道
  5. 4.廻船問屋 瀧田家
  6. 5.やきもの散歩道でランチ
  7. 6.登窯(陶榮窯)
  8. 7.陶芸体験・絵付け体験

閉じる