• とこなめ陶の森
  • 催し物案内

    特別企画展「尾州の茶の湯文化と常滑焼」

  • HOME
  • とこなめ陶の森 催し物案内
  • 特別企画展「尾州の茶の湯文化と常滑焼」
  • お問い合わせ 〒479-0821愛知県常滑市瀬木町4丁目203番地 TEL:0569-34-5290

  • 特別企画展「尾州の茶の湯文化と常滑焼」

    特別企画展「尾州の茶の湯文化と常滑焼」

    場所/陶芸研究所 展示室

    常滑焼は平安時代末期から始まり、常に生活に寄り添うやきものを今日まで作り続けています。茶の湯を大成した千利休は常滑のやきものを水指として所持していたことが知られています。
    今回の特別企画展では、江戸時代から大正時代の常滑の茶道具を展示し、尾州久田流と常滑との関係を考える特別講演会、常滑焼を取り合わせたお茶会を開催し、これからの茶の湯と常滑焼のあり方を見つめ直します。

    ■特別講演会
    タイトル:尾州久田流の歴史とこれからの茶道
    日時:10月28日(日)10:00〜11:00
    講師:尾州久田流家元 下村瑞晃(しもむらずいこう)氏
    場所:資料館 2階講座室
    定員:60名 予約不要(無料)
    内容:尾州久田流は尾州(尾張)地域の数少ない家元で、瀬戸や常滑といった尾州の茶道具を用いながら、お茶を愛し、地元の歴史と伝統を守ってきました。そこで尾州久田流五代家元下村瑞晃さんを迎えて、尾州久田流の歴史をひもとき、これからの茶道を見つめ直す講演会を開催します。

    ■お茶会
    タイトル:尾州久田流と常滑焼
    日時:10月28日(日)10:00〜15:30
    場所:陶芸研究所 1階茶室「濃茶」、2階和室「薄茶」
    内容:常滑焼を用いた尾州久田流によるお茶会を開催します。
    定員:1階茶室「濃茶」80名(1席最大10名・要予約・時間指定あり)
    【1】11:15〜11:45、【2】11:45〜12:15、【3】12:15〜12:45、【4】13:00〜13:30、【5】13:30〜14:00、【6】14:00〜14:30、【7】14:30〜15:00、【8】15:00〜15:30
    2階和室「薄茶」200名(前売券あり)
    10:00〜15:30
    料金:濃茶・薄茶セット1,800円、薄茶のみ600円(濃茶のみの販売はありません)

    ※詳しくはとこなめ陶の森ホームページ「 企画展」についてをご覧ください。

    特別企画展「尾州の茶の湯文化と常滑焼」

    特別企画展「尾州の茶の湯文化と常滑焼」

    特別企画展「尾州の茶の湯文化と常滑焼」

    常滑市観光協会
  • 〒479-0838 愛知県常滑市鯉江本町5-168-2
     TEL 0569-34-8888 FAX 0569-34-8880 
  • ページ上へ