• とこなめ陶の森
  • 催し物案内

    企画展「北海道と東海の黒曜石」

  • HOME
  • とこなめ陶の森 催し物案内
  • 企画展「北海道と東海の黒曜石」
  • お問い合わせ 〒479-0821愛知県常滑市瀬木町4丁目203番地 TEL:0569-34-5290

  • 企画展「北海道と東海の黒曜石」

    場所/資料館 特別展示室

    黒曜石(こくようせき)はマグマが急速に冷えた時にできる天然ガラスで、日本列島には産地が数多く存在しています。代表的な原産地は北海道白滝(しらたき)、長野県和田峠(わだとうげ)周辺などです。
    黒曜石は切れ味が鋭く、加工もしやすいことから、旧石器時代から石器の材料として広く用いられています。
    縄文時代になると、狩りの道具の一つで弓矢の先端につけられる石鏃(せきぞく)の材料として数千年にわたって用いられました。
    知多半島では長野県産の黒曜石が交易品として入手され、縄文時代早期の約8,000年前から使われました。
    ※詳しくはとこなめ陶の森ホームページ「 企画展」についてをご覧ください。
    常滑市観光協会
  • 〒479-0838 愛知県常滑市鯉江本町5-168-2
     TEL 0569-34-8888 FAX 0569-34-8880 
  • ページ上へ