とこなめ 陶の森 催し物案内
お問い合せ
〒479-0821愛知県常滑市瀬木町4丁目203番地 TEL:0569-34-5290
企画展「常滑の火鉢」展

1月7日(土)〜2月19日(日)

場所/資料館 特別展示室

常滑の火鉢は江戸時代後半から作られるようになり、朱泥の火鉢は明治時代に登場しました。
当時の火鉢は常滑焼を代表する主力製品で、熟練したロクロ技術を必要としました。
大正・昭和時代になると、漆塗りをした火鉢や白化粧をして華美な装飾をほどこした火鉢、蓋をつけることで現在のこたつのような役割を果たした火鉢も登場します。
昭和30年代から普及し始めた石油ストーブ、電気こたつによって、火鉢の需要が急速になくなっていきました。
炭を継ぎ足し、鉄瓶で湯を沸かす。みかんを食べながらゆっくりと暖をとる火鉢のある日本の古き良き暮らしも魅力的です。
※詳しくはとこなめ陶の森ホームページ企画展についてをご覧ください。

※企画展担当者によるギャラリートーク 1月21日(土)14:00〜15:00
  • 愛知-焼き物
  • 〒479-0838 愛知県常滑市鯉江本町5-168-2
    TEL:0569-34-8888 FAX:0569-34-8880
  • ページ上へ